丹波篠山で丹波焼、丹波焼の窯元、丹波篠山で丹波立杭焼、丹誠窯へようこそ

  • 店舗TEL079-597-3255 工房079-597-2127
    • メールでお問い合わせ
    • フェイスブック
    • インスタグラム

丹波焼×丹誠窯

丹波焼とは瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに日本六古窯の一つに数えられ、
その発祥は平安時代末期から鎌倉時代のはじめといわれています。

桃山時代までは「穴窯」が使用されていましたが、慶長十六年(一六一一年)頃朝鮮式半地上の「登り窯」が導入され、
同時期に取り入れられた蹴りロクロ(日本では珍しい立杭独特の左回転ロクロ)とともに、伝統技術を今日に受け継いでいます。

登り窯による焼成は約60時間続き、最高温度は千三百度に達しますが、その結果燃料である松薪の灰が器の上に降りかかり、
釉薬と融け合って窯変し、「灰被り」と呼ばれる魅力的な色や模様が一品ずつ異なって表れるのが丹波焼の大きな特徴です。

当窯は丹波伝統の「登窯」(薪松割木)だけを使い全ての作品を“焼締”にこだわり、
自然な色合いで釉薬と違う良さに焼きあがります。